京芸デブログBLOG

【ハンドメイドコース】1年生のシルバージュエリー!

2024年2月10日

 

ハンドメイドコースのブログでは、

ジュエリー制作の授業は、これまで2年生のばかりお伝えしていましたが、

実は1年生の後期から実施されます

 

1年生では、ワックスを使った加工ではなく、

真鍮、シルバー、銅などの素材の板や丸線を加工して

器やリング、ネックレス、チャームなどを制作します🔨

obraにも商品がいくつか並んでいたんですよ~😊

 

右側のチャーム、真ん中のピンバッチにご注目!
こちらのリングたちも!

 

今回はブレスレットの仕上げ作業の様子を少しご紹介✨

 

シルバーの板を糸鋸(糸のような薄くて細い刃ののこぎり)で切り出し、

削って磨いて削って磨いて……を繰り返して仕上げていきます。

 

くり抜いた内側を削って整え磨くと……、

 

 

ピッカピカに仕上がってきました!

 

 

削ることでこんな表現も!

 

どんぐりの出来上がり!

 

着用することを考えたこんな工夫も😳

冒頭のうさぎのブレスレットを見て、

うさぎが湾曲していることに気が付いた方、いらっしゃいますか…?

 

大きなパーツや横に長いパーツは、

腕に沿うように少し曲げるというひと手間がかかっています👏

 

横から見るとこんな感じ👇

 

 

こちらの作品も同じく腕に合わせて少し曲げています👇

 

 

彼らが2年生に進級したとき、どんなシルバージュエリーを作っていくのか楽しみで仕方ありません!

≪一覧に戻る